【実体験】通信制高校での生活ってどんな感じ?週3回サポート校に通う高校生のスケジュール

通信制高校生の毎日スケジュール

通信制高校に通ったらどんな生活になるのか、想像するのは難しいですよね。この記事では、週に3回サポート校に通っていた私のスケジュールをご紹介します。

広告

当時の私の状況について

まず、通信制高校生といっても就職希望者と進学希望者、また予備校通いの有無によってその人の生活は異なりますよね。そのため、当時の私の状況について簡単にまとめます。

  • サポート校は週に3回、1回1時間のみ
  • 2年生に上がるタイミングで通信制に転入
  • 全日制に在籍していた1年間は、ほぼ不登校だったので勉強は一切わからなかった。
  • 2年生で34単位、高3で22単位を取得
  • 大学進学希望(3年生の夏までは一般入試を受ける予定で勉強していた。)
  • 予備校なし(ベネッセの高校講座を受講)
  • バイトは高3の受験後までしていなかった
さつき
さつき

2年のときの取得単位が多かったので、レポートや授業動画視聴が多くて大変でした。ただ、3年の受験シーズンに課題を少なくしたかったので、2年で多く単位を取る計画を立てました。

サポート校登校がある日(月・水・金)

登校日のスケジュール
  • 9:00
    起床
  • 10:00
    サポート校の近くの図書館へ移動
    • スタディサプリで勉強
  • 12:30
    図書館の飲食スペースで昼食
  • 13:00
    サポート校登校
    • 宿題提出
    • その日の課題を行う(動画授業視聴またはレポート)
    • 宿題をもらって終了
  • 14:00
    サポート校から下校、図書館に戻る
    • その日もらった宿題を終わらせる
    • スタディサプリで勉強
    • 進研ゼミで勉強
  • 18:00
    図書館から出る
  • 19:00
    帰宅
    • 夕食、お風呂、ゲームなど自由時間
  • 0:00
    就寝

サポート校登校が無い日(火・木)

登校が無い日のスケジュール
  • 9:00
    起床
  • 10:00
    家の近所の図書館へ移動
    • スタディサプリで勉強
  • 12:30
    帰宅&お昼ご飯
  • 14:00
    図書館へ戻る
    • スタディサプリで勉強
    • 進研ゼミで勉強
  • 18:00
    帰宅
    • 夕食、お風呂、ゲームなど自由時間
  • 0:00
    就寝

普段から心がけていたこと

さつき
さつき

通信制高校に通ってるときは、とても自由な生活ができました。そんな中で、大学進学という目標を達成するために心がけていたことをご紹介します。

できるだけ外出する

私は週3回のサポート校に通っていましたが、1回1時間と短い時間でした。そのため、サポート校へ直行直帰だと、1日の外出時間は3時間未満になってしまいます。

家にいるとダラダラ過ごせて気分も楽ですが、そのような状況に慣れると進学後に苦労すると思ったのでできるだけ外で過ごすように心がけていました。

さつき
さつき

朝が苦手なので起床時間は遅いですが、それ以外は全日制の高校生と同じようなリズムで生活することを意識していました。

とはいえ、毎日こんなに規則正しく生活できていたわけではありません。特に、転入後半年くらいはダラダラ過ごす時間が長かったです。

午後からの登校時間に、寝坊で遅刻するということも何度もありました。いきなり完璧に過ごそうと思うと体力的にも精神的にもきついので、完璧主義にならないようにゆるく生活することを意識するのがおすすめです。

勉強はスタディサプリと進研ゼミを活用

私は、一般入試を受けて大学に進学しようと思っていたので、勉強はしっかりやっていました通信制高校のレポートや映像授業だけでは受験勉強として足りないので、「スタディサプリ」と「進研ゼミ」併用しながら自分で勉強を進めました。

さつき
さつき

・全日制の授業をスタディサプリで代用
・進研ゼミで受験に必要な勉強をする

というイメージでやっていました。

どちらのサービスも、基本的に全日制高校に通う生徒のために作られています。そのため、学校の授業を受けない通信制高校生にとっては、片方だけでは量が少ないと感じたので併用していました。

さつき
さつき

スタディサプリは一番価格の安いベーシックコースで十分です。無料体験ができるので、とりあえずやってみるのもおすすめです。

さつき
さつき

進研ゼミは少し価格が高いですが、予備校に比べればとても安いです。

進研ゼミは、通っている高校別の教材が届きます。私は元々の全日制高校と同じペースで勉強したかったので申し込みの時にそれを伝え、その全日制高校生向けの教材を使用させてもらいました。

ひとりで勉強を進めていると、「このペースで合っているかな?」「やるべきことはこれであっているかな?」と不安になることが多いですが、全日制高校の教材が使えたことで不安が軽減されました。

さつき
さつき

通信制高校生が大学受験の対策を完全に独学で行うのは至難の業です。予備校に通うのは高すぎるので、上記のようなサービスをうまく活用できるといいですね。

気分転換のために複数の図書館に行く

ひとりで勉強していると、話し相手もいないので飽きが来るのが早いです。いつも同じ図書館に行くのではなく、場所を変えて勉強するのがおすすめです。

わざわざ交通費を払って遠い図書館に行くのはちょっと…と思うかもしれませんが、気分転換は大事です。近隣の図書館を制覇する心意気で、たくさん利用してみるのはいかがですか?

通信制高校での生活は人それぞれ

通信制高校での生活は自由です。

朝が苦手な人は午後に活動すればよいし、外出するのが苦手な人は家で過ごせばよいので、ストレスフリーな生活ができますよ。

自己管理が求められますが、意思があれば少しずつできるようになるのでそれほど心配はいりません。

さつき
さつき

人によって生活スケジュールはさまざまですが、通信制高校生がどんな生活をしているか知りたいという方の参考になったら嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました