通信制高校にもテストはある?単位認定試験の内容を解説します

通信制高校への入学を検討しているけど、「単位認定試験って何?難しそう…」と心配に思っている方のために、卒業生がテストの内容や回数をご紹介します。

広告

通信制高校にもテストがあります

全日制の高校では、中間テストや期末テストがありますよね。それと同じで、通信制高校に単位位認定試験と呼ばれるテストがあります。

通信制高校を卒業するためには、72単位以上を取得する必要がありますよね。単位認定試験はその単位を取るために必ず必要なテストです。公立私立に関係なく、どの学校でも単位認定試験は行われています。

さつき
さつき

テストと聞くと難しいイメージを持つ方も多いでしょう。でも、コツを押さえればちゃんと合格点を取れるので安心してください。

単位認定試験は年に何回?

単位認定試験は、年に1回または2回行っている学校が多いです。年に1回の場合は年度末、2回の場合は前期の終わりと後期の終わりに開催されます。

受験の条件として、「その科目のレポートを全て提出していること」「その科目のスクーリングに出席したこと」が定められている場合が多いです。

体調が安定しない方や忙しい社会人の方のために、日程変更など柔軟に対応してくれる学校もあります。気になる方は学校見学に行った際に聞いておきましょう。

さつき
さつき

私の学校では年に2回テストがありました。取得単位が多い場合は、年に2回にわけられているほうが対策しやすいですね。

その人の単位取得数によって、受けるテストの数が異なります。たくさん単位を取る予定の方は、年に1回のテスト期間にたくさん受けることになって大変なので、年2回開催学校を選ぶのがおすすめです。

単位認定試験はどこで受けるの?

単位認定試験を受ける場所や方法は学校によって異なります。

  • サポート校
  • 本校、または本校が指定する場所
  • オンライン

オンラインで受験できたり、日々通っているサポート校で受験できるのは嬉しいですよね。しかし、中にはスクーリング開催と同じように違う場所で開催する学校もあります。

さつき
さつき

慣れない場所が苦手な場合や、緊張しやすい場合はサポート校かオンラインで受験できる学校を選びたいですね。

単位認定試験の難易度は?

断言しますが、単位認定試験は難しくありません。

どこの学校でも、落とすための試験ではなく単位を取得させるための試験を作っています。問題が易しいことはもちろん、合格点がとても低く設定されていることが多いです。

さつき
さつき

私の学校では100点中30点で合格でした。記号選択問題が多いので、簡単に到達する点数です。

試験の問題は、ほとんどがレポートから出題されます。また、スクーリングのときに先生が「この問題は覚えとけ」と言ってくれたりします。

単位認定試験に出た問題をご紹介

完全に同じではありませんが、どのような形式の問題が出たかご紹介します。

英語

以下の訳の空欄を埋めなさい。

You are very kind.
あなたはとても(  )です。

美術

レオナルド・ダヴィンチの作品として、正しいものはどれか選択せよ。

  1. 見返り美人図
  2. 富嶽三十六景
  3. モナ・リザ
さつき
さつき

美術の例題のように知らなくても読めばわかるような問題も多いです。「問題が解けなくて単位を落とすかも…」という心配は必要ありません。

日々のレポートをやっていれば合格は難しくありません!

試験内容が難しくないとは言え、何も対策しないで受けるのはおすすめしません。

テスト前にはレポートを振り返って学習しておきましょう。

レポートがどんなものか知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

さつき
さつき

通信制高校の単位認定試験は難しくないので、過度な心配はいりません。日々レポートを丁寧にやって、テスト前にそれを振り返っておけば合格できますよ!

タイトルとURLをコピーしました