簿記3級は会計知識ゼロの大学生でも独学で合格できた!おすすめ勉強法や教材もご紹介

広告

「簿記って何?」という状態から独学で合格!

私は、会計について完全に予備知識ゼロの状態で勉強を始め、約3か月の独学で簿記3級に合格しました。計算が苦手な大学生でも合格ができたので、簿記3級はコツを抑えれば簡単に取得できる資格だといえます。

さつき
さつき

簡単とはいえ、勉強は必要です。この記事では教材準備から試験までの流れをご紹介します。

簿記3級は講座を受けなくても合格できる

まず、簿記3級の勉強を始めようと思ったとき、「独学」か「講座受講」で迷いますよね。私のおすすめは圧倒的に「独学」です。

簿記3級で学ぶ内容はそれほど量が多くありません。授業で先生の話を聞くよりも、テキストの問題を何度も繰り返し練習するほうが、問題を解く力が身に着きます。

講座受講の魅力は「先生に質問できること」ですが、簿記3級の場合は暗記することが重要で、質問しないとわからないような複雑な問題はありませんでした。わかりやすいテキストを選べば、それだけで十分理解できます。また、どうしてもテキストで理解できなかった場合は、YouTubeにたくさんの解説動画があるのでそれを活用しましょう。

さつき
さつき

おすすめのテキスト、YouTubeチャンネルはのちほどご紹介します。

簿記3級を独学で目指すと決めたらやるべきこと

やるべきこと
  • 教材の用意
  • 電卓の用意
  • 試験申し込み

独学すると決めたら、まずはこの3つの準備が必要です。

テキストの用意

それでは、まずは教材を選んでいきましょう。簿記3級はポピュラーな資格のためテキストの種類も豊富です。色々ありすぎて、どれを選ぶか迷ってしまいますよね。私はネットで口コミを徹底的に調べ、実際に本屋さんで手に取って比較したうえで「サクッとうかる日商簿記3級」のシリーズを購入しました。

テキストを購入する際は、必ず同じシリーズの問題集もセットで入手しましょう。「テキストで学んで、問題集で解く練習をする」を繰り返すので、問題集は絶対に必要です。

簿記のテキストは毎年新しいものが発売されます。税率など、細かい変化があるので購入の際は最新版であるか確認を忘れずに!

かわいいイラストで飽きにくいように工夫されています。
解答用紙を無料でダウンロードできるのがすごく便利でした。

簿記では、画像のような表に数字を入れていきます。そのため、自分でノートに回答を記入して練習するのは効率が悪いです。サクッとうかるシリーズの解答用紙ダウンロードサービスはとてもありがたかったです。

正直、大手の出版社のテキストであれば、わかりやすく内容も過不足ないのでどれを選んでも大丈夫です。価格も大差ないので、好きな色味・イラストのものを選ぶのがおすすめです。

さつき
さつき

私は優柔不断でなかなか決められないタイプなので、テキストを決めるのに何日も考えてしまいました。でも、勉強する時間が削られてもったいないので、どれを選ぶか決められないという方は「サクッとうかる日商簿記3級」シリーズにしちゃいましょう。

過去問集は必要?

サクッとうかるシリーズのテキストとトレーニング問題集があれば、過去問集はいらないです。トレーニング問題集の後半のページには、試験を意識した難易度の高い問題が十分な数掲載されています。そのため、それを繰り返せば過去問をやらなくても合格できます。

商工会議所の公式サイトで、サンプル問題が公開されているので、出題形式はこちらで確認できます。そのため、わざわざ過去問集を購入する必要はありません。

電卓の用意

簿記3級では、電卓を使って計算ができます。試験本番でも自分の電卓を使用するので、使いやすいものを選びましょう。

公式ホームページで、以下のように使用可能な電卓の規定が掲載されています。

計算器具(そろばん、電卓。どちらかを1つ)を使用しても構いません。ただし、電卓は、計算機能(四則演算)のみのものに限り、例えば、以下の機能があるものは持ち込みできません。
・印刷(出力)機能
・メロディー(音の出る)機能
・プログラム機能(例:関数電卓等の多機能な電卓、売価計算・原価計算等の公式の記憶機能がある電卓)
・辞書機能(文字入力を含む)
(注)ただし、次のような機能は、プログラム機能に該当しないものとして、 試験会場での使用を可とします。日数計算、時間計算、換算、税計算、検算 (音の出ないものに限る)

試験科目・注意事項 (日本商工会議所ホームページ)

電卓の大きさは手のひらサイズが打ちやすいと言われています。カードタイプのものはキーが小さく打ち間違いを起こしやすいので大きめの電卓を選びましょう。

私は以下の基準で電卓を探しました。

  • 表示桁数は12桁
  • 後ろに滑り止めがある
  • 予算2000円程度
  • デザインが可愛すぎない、ダサすぎない
CASIO DW-200TC
さつき
さつき

カシオの製品で安心感があったことと、デザインがちょうどいいことからこの電卓を選びました。

こちらは、女性や手が小さい方におすすめのサイズ感です。

他にも、ボタンを押したときの音が小さい静音タイプなどもあります。ただ、静音タイプはおすすめではありません。

「音が気になって集中できないから静音タイプにしたい」という方がいると思いますが、試験会場では他の受験者がカタカタ電卓を打っている中で問題を解く必要があります。そのため、音に慣れるという観点から、静音でない普通の電卓を選んだほうがよいと思います。

試験の申込をしよう

簿記3級は「年に3回行われている紙の試験」と「パソコンで受けるネット試験(ネット試験といっても、自宅ではなく会場に行って受けます。)」のふたつがあります。どちらも問題構成や難易度は同じであると公表されているので、好きな方を選びましょう。

「申し込みは勉強が進んでからしよう」と考えていると、先延ばしを繰り返して途中で諦める可能性が大きいです。勉強計画を立てるためにも、先に申し込みをしておくのがいいですよ。

さつき
さつき

私はネット試験を受験しました。

商工会議所のホームページから申し込みができます。

簿記3級の勉強を始めよう!

サクッとうかるシリーズのテキストには、以下のような勉強進捗管理表がついています。簿記の勉強は、ゆっくりすぎると最初にやったことを忘れてしまいますし、早すぎる計画を立てると挫折してしまします。

そのため、このようにモデルスケジュールを作ってくれているのはありがたいですね。

このシリーズではないテキストを購入した場合は、自分で勉強計画を立ててから始めるのがおすすめです。どのテキストも単元ごとに区切れているので、平日は1日1単元・休日は2単元、などと決めるのが簡単です。

テキストは1周、問題集は2周がおすすめ

サクッとうかるシリーズだと、テキストと問題集を交互に使います。テキストに「次は問題集の○○ページをやりましょう」と書かれているのでそれに従って解いていけばスムーズに進められます。

そのようにして、テキストと問題集を1周ずつ終えることができたら、次は問題集をもう一周行うのがおすすめです。最初の方にやった内容を忘れていたりするので、もう一度見直したほうが安心です。その際は、わからない問題があったときだけテキストを使用し、基本的には自分の力で問題を解いたほうが試験本番の対策になりますよ。

どうしてもわからない問題が出てきたら?

テキストを読みこんでも、どうしても理解できない問題もたまにはありますよね。

そのようなときは、ふくしままさゆきさんのYouTubeを見るのがおすすめです。とてもわかりやすい解説なのでテキストで理解できなかったものでもこちらの動画ならきっと理解できます。

さつき
さつき

YouTubeにはこのほかにもたくさんの動画があります。検索すると色々出てくるので活用してみてください。

教材購入から試験料までかかった費用はいくら?

簿記は、他の資格に比べてお金をかけずに勉強でき、受験料も安い資格です。

サクッとうかるテキスト1,320円
サクッとうかるトレーニング1,320円
電卓2,000円
受験料3,400円
合計8,040円
さつき
さつき

テキストの購入から受験まで、すべて合わせても1万円以下でした。気軽に挑戦できる金額ですね。

何か資格が欲しい方には簿記は最適

簿記3級は、比較的簡単に取得できるので資格初心者の入門としておすすめです。とりあえず何か資格を取りたいという学生や、たくさんの時間は取れないけど何か勉強したいという社会人にちょうどいい難易度です。

さつき
さつき

毎日こつこつ勉強すれば、誰でも合格が目指せます。みなさんが合格できるよう、応援しています!

タイトルとURLをコピーしました